忘れてたあの漫画を語ろう!   忘れちゃってるけど。。

忘れかけてたあの漫画。ふと思い出して語りたくなったあの漫画。細かい事忘れてても気にしない。

銀色の髪の亜里沙……タイの一件で思い出した。

タイの洞窟事故。
本当に、全員無事救出で良かった!
あまりにも劇的で、救出にあたった方々の勇気と決断力と行動力には感動しかない!

私は地底とか洞窟とかが苦手だ。鍾乳洞のようにちゃんと整備されたところでも、あまり長居はしたくない。入るのを頑なに拒否はしないけど、歩くのが自然と早くなる。

洞窟

で、思い出した漫画がある。

和田慎二の「銀色の髪の亜里沙」。

会社の乗っ取りを企む輩が、親子ぐるみで社長一家を陥れる話だ。社長の父親は事故死。母親は精神病院送り。主人公の亜里沙は父親の部下の子供達によって、地下洞窟に繋がる竪穴に落とされる。
その子供達は亜里沙の親友だ。多分、当時は中学生。

凄いお友達だ〜。

きっと普段から社長令嬢の亜里沙を妬み、部下として虐げられる親の不満に汚染されていたんだろ〜な。
そういう人間の暗黒面に全く気付けない天真爛漫な亜里沙は復讐の鬼と化し、地下洞窟から決死の生還を果たす。

彼女が落ちたのは古代遺跡に通じる地下水脈みたいな洞窟で、なあ〜んと!そこには先客が!
遺跡調査に来ていた考古学者の夫婦が、脱出できなくなったまますでに十数年も閉じ込められていた!

そこで亜里沙は夫婦から知識を、複雑な地形から運動能力を得る。しかもそこにはヒスイの鉱脈が露出している。
数年の後夫婦は亡くなり、亜里沙は一か八かの脱出を敢行するのだ〜!!

え〜っと、、

脱出方法が結構詳細に語られていた。
たしかサンショウウオだ。
日が届かない洞窟内にいるサンショウウオは白い。そこに黒いサンショウウオが!?
外界からきたと推察される黒いサンショウウオに紐をつけ、岩の向こうの「外」までの距離を測る。

なんかそんな感じだった。

25メートル!

ただしそこは岩に阻まれた濁流だ!

「たった25メートルなのよ!出たい!外に出たい!」

「…………」

「出る!なんとしても出る!出て復讐せずにおくものかっ!」

後は多分、根性で泳いだんだと😰
腰にはしっかりとヒスイの原石を詰めた袋。復讐の軍資金だ。

そしてしばらく後、あの友人達が通う高校に富豪の帰国子女が転校してくる事に。
その寄付金が学校の年間予算を遥かに超える!ってことで、全校生徒で空港までお出迎えするのだ。………ちょっと媚び過ぎ。

タラップに現れたのは、長い地下生活で髪が銀色になった(なるのか?)亜里沙だった。

宝石の相場は全くわからない。
腰に付けていた袋は手のひら大くらいの巾着だった。それに入る程度のヒスイって、そこまでの金額なのか〜?
もちろん、私学の高校の年間予算だって、一体どのくらいか想像もつかないけど………。