忘れてたあの漫画を語ろう!   忘れちゃってるけど。。

忘れかけてたあの漫画。ふと思い出して語りたくなったあの漫画。細かい事忘れてても気にしない。

地球へ……から、超能力者の見た目年齢詐称能力を考える

ソルジャー・ブルーは言っている。

僕の姿が若いことを気にしないでくれたまえ。ミュウはとかく、外観を、若く保ちたがる。

当時、友人とこの問題で盛り上がった。

では、なぜ、ミュウの面々は…特に古参の幹部連は、見た目の年齢がバラバラなのか。
ゼルは明らかに年寄りに見える。実年齢は多分、ソルジャーより若いはずなのに、だ。
ハーレイはおっさんだし、エラ女史はおばさんに見える。

友人1は言った。

「誰もが若い外見を好むわけやないやろ」

まあね。

友人2の意見。

「若く保つ能力には個人差があるんよ。できない人もおるんや」

ありえる。

……としたら、ソルジャーの言い方はなんだかあまりよろしくない。個人の意向や能力の優劣に配慮が足りない気がする。指導者としてどうなんだ?
それともまだミュウとして意志の固まっていないジョミーに、手の内を完全には見せないつもりでの発言か。

ミュウは長生きだけど虚弱体質だという。ケガの治りも遅い。

ん?
それって、相反することじゃないかい?。

長生きなのは細胞の老化を抑えるとか、新陳代を良くして活性化させるから…な気がする。
だったら逆にケガの治りも早そうだけど……?
超人ロックがやる、あの「シュウシュウ」っやつね。

「見つかりたくない」という思念の力がバリヤーとなって船を守る…とある。
同じように「年を取りたくない」という思念の力で外見を保つのだろうか。

ミュウには小さな子供もいる。彼らはごく普通に成長(年を取っている)ように見て取れる。ナスカ生まれのミュウ達もトォニィ以外はそれ相応に成長過程を踏んでいると思う。

成長が止まる、またはゆっくりになるのは何歳くらいからなんだろう。本人が「この辺りで」と思った時から?
そんなに都合良くいくか?。

私はなんとなくだが、
超能力が強力に発現してしまったらエネルギーが全部そっちに使われて、体の成長に回らなくなるんだろう
…と思っていた。
若いうちはまだそれでもエネルギーが旺盛で、超能力に費やす分を補っても余りがある。体か成長し切ってしまう頃にはこのバランスが逆転してしまうのだ。……が、ゼルのように止まるのではなく老いていく者は、実は、成長を止めてしまうほど超能力が強力では無いのではないか?
実際、作品の中でも長老と呼ばれる面々が絶大な力を発揮する場面は無いし。

ゼル、ごめんなさい。
決してアナタを侮辱するつもりはないよ〜。
苦難の道を乗り切った古株の方々には敬意を評します!


さて、

成長が止まってしまったと思われる代表は
「アキラ」のキヨコやマサルやタカシだろう。
ワンパンマン」のタツマキもそれかも知れない。

超能力で意識的に止めたり進めたりできる代表
は、やっぱりロック。
確定するには記憶不足だけど、シマックも外見が変わらないという説がある。

年齢を止めるどころか、力を使い過ぎたら老いてしまう超能力者もいる。
バビル2世とヨミだ。



いや、待って。

体のエネルギーが衰退する年齢になって、超能力がエネルギーを独占するようになったら、年齢が止まるどころか余計に早く老いそうな気がする。

超能力者って大変なんだな。