忘れてたあの漫画を語ろう!   忘れちゃってるけど。。

忘れかけてたあの漫画。ふと思い出して語りたくなったあのアニメ。細かい事忘れてても気にしない。

ジョジョ……奇しくもハマったはいいけど、身近に一緒に盛り上がる相手がいないことは、ヲタク最大の不幸なのだ。

今更だ。
ジョジョにハマった。
アニメ「黄金の風」。

金曜の深夜。
ヤマトの時間までの繋ぎ程度に考えていて、OPはカッコいいな〜と思いつつ、本編はぼんやりと流し観していた。

すいません。

2クールもの黄金の時間を、
私はなんとムダにしていたのだろうかっ!

めちゃ面白いし、凄いわ。

とは言うものの、
私はジョジョは初見。新参者に限りなく近い。

一番最初の連載が始まった頃に、何話か読んだ。
しばら〜く空いてからチラ見したら、なんかよくわからない生き物(?)の闘い漫画になっていて、?。
加えて、よく言われるようだけど、
あの独特の作風にお腹一杯で(汗)、
そのまま引いてしまっていたのだ。

ところが、この「黄金の風」!

とにかく、かっこえ〜〜〜!!
肝のすわったオトコ達に
ハードなアクション。
おバカで困るアホなシーンや
覚悟
仲間
敬意。

私の好物、満載じゃ〜〜。

ジョジョって、こんな漫画だったんだ。
私、
もっと、ゴツいキャラの、
自己顕示欲炸裂ぶっ飛びバトルもの…かと。

あっ?
怒らないで

なにせ私のまわりには、
ジョジョのファンがいないのよ。
いろいろ教えてくれる人がいない。

漫画にハマった者には、その想いをぶちまける相手がいない事は、もう、拷問に近いのよね。

ハマったらすでに“拷問”に変わっているんだぜ!

なので、ここで独り言のようにぶちまけてみよ〜。
脈絡無く、根拠無く、思い付いたまんま。
ジョジョを知らなかった人間には、
黄金の風」がどう見えてるのか。

ふ〜んって程度にお付き合い、よろしく。

まず、「黄金の風」のジョジョって、
ずいぶんと華奢…ね。
本来ジョジョって、もっとマッチョなんじゃないの?
ジョジョ…いや、ジョルノに限らず主役グループの面々が、華奢で美男揃い。
腹筋割れてそうなのは、ミスタだけな気が。

ん〜〜〜?

あ、割れて無いや。

だいたいこ〜ゆうグループには、体格や容姿が優劣入り乱れてるもんじゃね?
これは、異例なことだったりする?

さらに、ジョルノって、
主人公にしてはビジュアル的に「色味が薄い」。
どういうが意味かって?
もう、そのまま。「色」。
漫画のカラー版では、ジョルノの服は濃い青よね。
髪が金髪だから服の色は濃いほうが、画面の中ではっきりくっきり映る。
なぜアニメ版では服の色があれになったんだろう。
私は濃い青のままを推す。
似合ってないわけじゃないけど……。
主人公は「赤!」とか「青!」とかって、古いアニメの固定観念が染み込んでるのかなあ、私。
例えばよ、
ブチャラティチームの面々の絵を、ジョジョを全く知らない者に見せる。まあ、私みたいなのに…だ。

誰が主人公だと指差すだろう。

ブチャラティは重要人物一目瞭然だけど、主人公には見えないな。
ミスタは典型的な「相棒」のオーラ。
あとは消去法で、
私なら、

ナランチャを指すと思う。(かわいいし…)
単に彼が目立つ。
色味が濃くてはっきりしてるからね。

ジョルノの色味をああいう風にしたのは、アニメ化するにあたって、何か狙いがあるのかな。

そして彼は実際の戦いでも、最前線でガンガンやるタイプじゃない。
どっちかというと、サポート役?。
なんか終始控え目。

ところがだ。

ふと考えてみると、
重要な局面を動かすのはいつも、
彼の示唆や、思惑や、仕込みなのだ…って設定。
歴代ジョジョの中でも、不思議な立ち位置じゃない?

二転三転するスタンド戦で、形勢を転がすストーリー運びはさながら謎解きのようだ。
ジョジョの展開って、どれもこんな精巧に組み上げられてんの?
いや、もう、ひたすら強引な暴力技かと……。

あ〜。
アタマがヒートアップしてきて、まとまらなくなってきた。

この先、まだ長くなりそうなんで、
ちょっと休憩して、ジョジョ観てくるわ。

海皇紀の続きは、また、今度だな…。