忘れてたあの漫画を語ろう!   忘れちゃってるけど。。

忘れかけてたあの漫画。ふと思い出して語りたくなったあの漫画。細かい事忘れてても気にしない。

百億の昼と千億の夜……好きなカットを挙げるなら

漫画版での私の好きなカット、コマを挙げてみる。
百億を思い浮かべると、必ず頭に蘇る箇所だ。


●悉達多太子が阿修羅王に逢う場面。
「ーそれは」と言いよどむ太子を覗き込むように、阿修羅王が言う。

「ほ、それは?」

「ほう」じゃないところがなんともたまらない!


●「まだ破滅が来てないからだ」の答えを「ハ!」とあざ笑い、虚空に向かって手を上げる。

「これが末世だ
   見るがいい!」

レイアウト、凄い!まさしく虚空を感じる〜。


●目覚めたシッタータがトーキョーシティに辿り着く。人の気配に跳び上がる場面の

ヒラリ

文句なし!かっこいい!


●トーキョーシティでのナザレのイエスの襲撃の後、阿修羅とシッタータとオリオナエが話をする場面。「これは愉快!」と立ち上がり…。

「それともいっそ本当に」と話す阿修羅のポーズ。

阿修羅の動き、所作にはリズムと音楽があるよね〜。


●さらにその後。「神とは…人々を導き救うものだ…」と言うシッタータを

肘を付いた姿勢で見ている阿修羅。特に顎に当てた手が、右は指を立て、左は握っている様子。

表情が好き。顎に当てた手をこんな風に描くの、他に見たことないし〜!


アスタータ50で「その球体は一体なんなのだ」に答えるナザレのイエス

「本当はいねえんだ」までの表情の変化。

小物感炸裂!憎めない〜。


●極めつけは、
アトランティスの王宮。
オリオナエの眼前に広がる真っ暗な空間!


これは怖い。ちょっとトラウマになりそうなくらいに、怖い。
例えば夜に車で走っていて、照明が少なくてやたら暗い道にさしかかったりすると、

必ずこのシーンを思い出す。

東北の震災の時。
真っ暗な街のあちこちに燃える火。

あの映像がこれに重なって、恐怖と絶望感が増した。